九星気学の無料相性診断方法【自身の本命星を知る必要があります】

両手が教えてくれる

手相占い

数か月で変化する可能性

手相占いは右手で見るのが正しいのか、左手が正しいのかと、気になる人は少なくありませんが、実は両手で見ます。左手ではその人が本来持っている運命を象徴している事や、潜在意識、更に周囲からの影響が線に現れているからです。対して右手には、自分自身がその手でつかみ取る運勢や、その人が自覚している自分自身の姿、更にビジネスでの成功が線に出ています。両手の手相がほぼ変わらない場合、自分の才能を生かしているといえますが、全く違う人の場合は周囲の無理解や自覚のない才能があるでしょう。新たな才能を生かすチャンスや、将来才能に目覚めてビジネスで成功するチャンスがある場合も少なくありません。手相は健康状態やライフスタイルによって変化がもたらされる事も多く、早ければ数か月で変化が見られる場合もあるといいます。右手と左手が数か月前は同じだったとしても、数か月後には全く違ったものになる可能性も高いので、注意が必要です。ただし、手相で残念な結果が出たとしても、努力を重ねていくことでトラブルを避け、良い運気になる事も少なくありません。そのため、占った時に残念な結果でも、努力次第で良い方向に変えていけるのが、手相占いの大きな特徴です。右手や左手の違いだけでなく、手のひらの大きさや色、ツヤ、ほくろ、手の甲に至るまで占う対象となります。単純に線の良しあしだけでなく、トータルでその人を占えるのが特徴とされており、運気の流れがわかりやすく現れるといえるでしょう。