九星気学の無料相性診断方法【自身の本命星を知る必要があります】

両方を見て占うのが主流

手相

左と右での見方の違い

占いにも多くの種類がありますが、手の平にできた線を見ながらその人の運勢を占う手相占いは長い歴史を持っています。手相占いは書籍などを参考に自分で占うこともできますし、より詳しく鑑定してもらうならプロの占い師にみてもらうという方法もあります。そして、手は右手と左手がありますので、占う際はどちらを見れば良いのかも悩むところです。手相占いでは、右手と左手では見方が違ってきます。まず右手の場合は現在や努力で培ったものを表しているとされています。これに対して左手は過去を表し、持って生まれた才能や基本的な性格などを表しているとされています。それゆえ、その人の性格や持っている才能を調べる場合は左手が向いていますし、現在の恋愛運や金運を調べたいなどの場合は右手での鑑定が良いと言えるでしょう。そして、現在では右手、左手どちらかだけで判断するのではなく、両方の手相を見て総合的に判断することが主流となっています。じっくりと時間を掛けて鑑定してもらうなら、プロの占い師に依頼するのも良いですし、より簡単に判定するならアプリも便利です。アプリでは手のひらの写真を撮影するだけですぐに結果を知ることができます。気軽に占いたい、すぐに結果を知りたいという場合は活用してみると良いでしょう。この場合も両方の手の写真を撮影できますので、総合的に判断していくことができます。プロの占いの場合もメールで写真を送信することで鑑定を受けられるサービスも用意されています。プロの占いを気軽に利用するならこうした方法もおすすめです。